2頭引きの模様

 

IG[gig]n.
1頭引き2輪馬車、という意味があります。ではどのようにしてギグレースをやっているのでしょうか。欧米では現在もGIG RACEは馬車ならぬカートで競技を行っています。これは身体に障害を持った人のために開発されたもので、犬を使って自由に行動ができる、言わば車椅子に犬を連結したようなものといえます。
もう一つは3輪車を大きくし、スタンディングポジションで乗車するカートがあります。日本ではカートレースとは異なる形態で、自転車によるギグレースが行われるようになりました。それは、カートというスポーツギヤになじみがないことや、自転車のほうが犬ぞりに近い体重移動・ドライビングができる他、小さい頃より慣れ親しんだ乗り物であるといった点があげられます。

グレースは、雪のない地方・季節にあって簡単にトレーニング、大会が可能です。犬ぞりのソリの代わりに自転車を使い、ハーネスとラインでつないで引っ張らせます。犬種にも関係なく普段家にある自転車だけで手軽に練習ができます。その自転車運動を競技として見直し発展させて、独立したスポーツとして位置付けたのが日本のギグレースです。もちろん特別な技術なんかいりません。人と犬との運動会。それがギグレースなのです。また気温が高すぎる夏期をのぞけばどんな季節でも可能です。
大会ではノービスクラス、オープンクラスを設けて初心者の方やまだギグレースで上手に走れない犬をはじめ、犬ぞりレースの経験豊かなマッシャーまで幅広く楽しむことができます。

本ではまだまだ一般的でないギグレースですが、初めて自転車によるギグレースが行われたのは1994年11月のことです。発祥地は京都でした。
今までは犬ぞりのトレーニングの一つの方法にしかすぎないものでしたが、全国の犬ぞり界のリーダー達に呼びかけて大会が行われたのです。1995年ギグレース協会発足。その後、各地で大会が行われるようになったのはいうまでもありません。そり犬といわれているシベリアンハスキーをはじめ、アラスカンマラミュート、サモエド、アラスカンハスキー等の北方犬のみならず、全ての犬が同様に走りたいという欲求を持っています。私たちはこの犬たちに対して活躍の場を提供しているだけなのです。
彼らは散歩では味わえない全力疾走という醍醐味を体験することで、オーナーと同一の満足感を共有できるのです。少なくとも活動犬といわれている犬たちにとって、もっとも輝いている時といえるでしょう。時代はペットからパートナーへとかわりつつあります。その中で彼らが私たちの方へ心を開いて歩み寄ってくるのです。
ギグレースを通して犬たちとの距離が縮まり、私たちのライフスタイルもより良く変わっていく、それは犬たちにとっても私たちにとっても一番のよろこびとなるでしょう。走る、力いっぱい、全力を尽くして。
走るという何でもない事がみんなの胸に熱い感動を呼び起こします。
それがギグレースです。